オリジナルTシャツをプレゼント

オリジナルTシャツと聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。多くの方が、学生時代にクラスでオリジナルTシャツを制作したり、社会人になってからイベントなどで制作し、自らが着用したりするということをイメージされるのではないでしょうか。近年ではこのオリジナルTシャツを制作し、自分達で着用する以外の用途があります。今回はこのオリジナルTシャツを自らが着用する以外について、誰かにプレゼントをするという用途や需要についてみなさんに紹介させていただきます。

プレゼントこのオリジナルTシャツをプレゼントすると、もらった側が嬉しいと感じる点があります。それはオリジナルということですので、どのお店にも置いていないという特別感に加えて、自分のことを考えて制作してくれたという思いが強くなります。やはりプレゼントはもらった人がいかに喜んでくれるのかという部分を重要視していますので、その観点からこのオリジナルTシャツをプレゼントするというのは非常に効果的だと言えるのです。

プレゼントする人と一緒に撮影した写真などをオリジナルTシャツに反映することもできますし、その人が好きな芸能人などの写真を反映しても良いでしょう。どちらにしてもその人が喜ぶという点においては非常にこのオリジナルTシャツは効果絶大です。これから誰かにプレゼントを考えている方にはこのオリジナルTシャツはとてもおすすめです。

自作オリジナルTシャツについて

 

TシャツオリジナルTシャツは業者に依頼しないとできないものだと思っていませんか?もちろん数百枚のオリジナルTシャツを制作する場合には業者に依頼することは当然ですが、オリジナルTシャツは意外と簡単に自分でもできてしまうのです。今回はこのオリジナルTシャツを自分で作る際のポイントをみなさんに紹介させていただきます。

まずどのようにして自分でオリジナルTシャツを制作するのか、という点ですが、アイロンプリントシートというものをみなさんはご存じでしょうか?このアイロンプリントシートとは、アイロンの熱を利用して、熱でTシャツに好きなデザインなどを転写するという方法です。説明だけですと非常に簡易的に感じてしまいますが、やはり自分で制作するとなると少し注意する点があります。

まずはTシャツの色の注意点です。使用するアイロンプリントシートの色に白が含まれていると、実際にTシャツに張り合わせた場合に白がうまく反映されませんので、その場合は色味がついたTシャツを使用した方が良いです。またTシャツの素材ですが、基本的にTシャツは綿生地か化学繊維生地かの二つに分かれていますので、アイロンプリントシートもその二つに適しているものかどうかによって使い分ける必要があります。したがって、この選択を誤ると仕上がりにムラが出てしまったり、一度の洗濯でシールが全て剥がれてしまったりということが生じてきます。このように自分でオリジナルTシャツを制作する場合にはいくつかの注意点がありますので、この注意点を知った上でオリジナルTシャツを自作してみてください。

参考業者⇒オリジナルTシャツ